「炭酸パックの応用」の記事一覧

炭酸ガスパックの応用:ふくらはぎのむくみ解消

    

デスクワークや立ち仕事など同じ姿勢で仕事をした日、帰宅すると、足、特にふくらはぎがむくんでいることがあります。

これは、同じ姿勢をとり続けることによって、血流が妨げられ血行が悪くなることによっておこるものです。
血液やリンパ液の循環が悪くなると、本来は腎臓でろ過されるはずの水分が細胞のすき間などに停滞してしまいます。
それがむくみとなってあらわれます。

そんなときは、顔をパックした後の炭酸ガスパックを足にパックしてみましょう。

炭酸ガスパックに、血流・血行を良くする効果があるのは、今まで書いてきたとおりです。
血流・血行が良くなることによって、むくみは軽減するでしょう。

ただし、足のむくみは腎臓病などの重大な病気の一端として現れることもありますので、
全ての病気の症状と同様、軽率に判断することは避けましょう。

炭酸ガスパックの応用:デコルテ・うなじのケア

    

顔以外で、気をつけてケアすべきなのが、デコルテやうなじです。

ケアしないでいると、首筋やデコルテは驚くほど年齢を感じさせます。
また、フェイスケアをきちんと行っていればいるほど、ギャップを感じさせてしまったりもします。
浴衣やドレスを着たとき、髪をあげたときに、その美しさをひきたてるのは、デコルテやうなじの美しさです。

炭酸ガスパックをフェイスケアだけでなく、首筋やデコルテ、うなじのケアにも使いましょう。

多くの炭酸ガスパック製品は、顔だけにパックするとすこし炭酸ガスパックが余るくらいの量があります。
それをデコルテにパックしましょう。

お風呂で炭酸ガスパックを行えば、うなじも楽にパックすることができます。
また、少し量が足りないかなという時は、顔をパックした炭酸ガスパックをうなじや首筋にパックしましょう。
顔をパックした後の炭酸ガスパックでもまだ十分に効果があります。

浴衣を着たときの美しいうなじは大変魅力的です。
炭酸ガスパックで魅せられるうなじをつくりましょう。

炭酸ガスパックの応用:首こり・肩こりに!

    

顔をパックした炭酸ガスパック。
そのまま捨てるのはもったいないです。
30分顔をパックした後でも、炭酸ガスパックはまだ使うことができます。

首のこりや肩こりを解消したいときに、首や肩にパックしてみましょう。

肩こりには急性型のものもありますが、それ以外の最大の原因は血行不良です。
ストレスや内臓トラブルに原因がある場合、その根本を解決しなければなりませんが、
ほとんどの場合、それらも血行不良として現れます。

単なる筋肉の緊張による肩こりであれば、炭酸ガスパックがその解消を手助けしてくれます。

肩こりというのは、特定の部分だけ筋肉が緊張状態になり、筋肉への血行が悪くなることによって、
筋肉への新鮮な酸素と栄養の供給が不足し、老廃物の回収が滞ることでおこります。

炭酸ガスパックは、その効果から血管を拡張して血行・血流を良好にし、
新陳代謝を活発化させますので、肩こりや首こりに効果を発揮します。

肩のこりや首の後ろの筋のこりは、目の疲れとも密接に関係しています。
首のこりを解消することは、目の疲れの解消にもつながります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ