「炭酸パックの効果」の記事一覧

炭酸ガスパックの脂肪燃焼効果

    

炭酸ガスパックには脂肪を燃焼させる効果もあります。

痩せるためは、脂肪を分解し、その分解した脂肪を燃焼させるということが必要となります。

まずは、脂肪をしっかりと分解すること、そしてその分解した脂肪が燃焼されなければ、
時間が経てば脂肪はまた元のように戻ってしまいます。

何かを燃やすには酸素が必要ですが、人間がその体内で脂肪を燃焼させるのにも
酸素が必要となります。

炭酸ガスパックはその効果により酸素の供給量を増やします。
炭酸ガスパックによって供給量が増えた酸素は、脂肪を燃焼させ、代謝をアップさせることができるのです。

また炭酸ガスパックは血管を拡張する働きも持っています。

脂肪は分解されると脂肪酸と変わり、燃焼場所である筋細胞へと運ばれます。
脂肪酸を筋細胞へと運んでいくのは血流です。

血管が拡張されると血流が増えますから、運ばれる脂肪酸の量はそれだけ増えることになり、
効率よく脂肪酸が燃焼されることになります。

炭酸ガスパックの血管拡張作用が大きく働くことになるのです。

これはもちろん、痩身だけでなく、小顔効果、顔やせにも効果を発揮します。
炭酸ガスパックが小顔効果、顔やせに大変効果があるのは、このような脂肪燃焼を助ける働きにも基づいています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ